テンパータイヤについて

| 未分類 |

テンパータイヤとは通常取り付けているタイヤがパンクした時などの緊急時に応急処置的な目的で使用するタイヤの事です。

街このタイヤは通常装備されているタイヤに比べて幅が狭い構造で路面との接地面積が少ないですが、空気圧が高い設定になっています。さらに径が小さく軽量になっています。

このタイプのスペアタイヤは、高速での走行には不向きですので非常事態の使用とされています。通常の装備されているタイヤと比べますと軽量である事、備え付るスペースが少なくなる等のメリットがあります。またパンクした際にタイヤ交換する時の取扱い易さも大きなメリットの一つです。

タイヤ交換の際にはパンクと反対側の車輪に輪止め等をして交換するタイヤを地面と車体の間に入れて、交換する車輪のナットを工具で少しだけ緩めます。

次に指定位置にジャッキをあてがい適切な位置まで車体を持ち上げボルトを外し交換するタイヤと入れ替えて、取り外しとは逆の手順で交換します。

ナットを占める際には対角線の位置にあるナットを締めていき、最後に輪止めを外します。

この様なタイヤ交換作業におきましては、タイヤの重量が大きく作業性に関与する事になります。軽量で扱いやすいタイプのタイヤですが定期的に空気圧の点検を行う事が大事なメンテナンスの一つです。