車がパンクしてしまいどうしようか分からない、なんて事が無いように自動車にスペアを積んでおいて自分で変えることが出来るように交換のやり方を書きたいと思います。

まず交換する前に二次的な事故が起こらないように自動車を安全な場所に移動させてから行なうようにしましょう。その際に平らな場所を選んで移動させます、そしてシフトレバーを必ずパーキングにします。

それから自動車のエンジンを切り、サイドブレーキをかけてから作業をします。次にジャッキアップ用に補強されている部分にジャッキをセットし、地面から離れない程度に軽くジャッキアップします。

次にホイールカバーが装着されている車の場合は、ホイールカバーの間に隙間があるので、マイナスドライバー等で差し込んでカバーをはずしてください。

その後にナットを緩めますが、軽く緩める程度でナットをはずさないようにしてください。そしてジャッキ用の工具を使って地面から完全に離れるまでジャッキアップし、ナットを外してからタイヤを取ります。

そしてスペアを装着し対角線上にナットを軽く締めていき、ジャッキをおろしてナットを完全に締めます。これがスペアを装着する時の手順です。意外と自分で簡単に出来るので一回試しに変えてみてはどうでしょう。