スペアタイヤレス仕様車について

| 未分類 |

マイカーを運転する時の基本的知識としてタイヤの交換方法があります。

最近のタイヤはパンクがしにくい構造になっていますが、夏の暑い時のドライブなどではパンクの可能性が高くなります。万一の時のために具体的な交換方法を知っておくべきです。

普通は交換用のスペアタイヤが装着されており、それと一緒にホイールナットを緩める工具や車体を持ち上げるジャッキも付属しています。

まずパンクしたタイヤのナットを工具で緩めます。次にジャッキで車体を持ち上げ、パンクしたタイヤを外します。この時の注意点としては、車体にはジャッキを装着するポイントがあるので、そこを支点として持ち上げるということです。

あとはパンクしたタイヤを外し、スペアタイヤを装着して軽くナットを締めてからジャッキを下ろします。そしてナットをきつく締めれば交換の完了です。

これで近場の修理工場かガソリンスタンドへ運び込むことができます。ところが最近では、スペアタイヤレス仕様車というのが発売されています。タイヤ交換自体が減っているので、少しでも車体を軽くするためにスペアタイヤを搭載していないのです。

その代わり万一パンクした場合でも、一定の距離を走れるタイヤを装着しているのです。これからのドライブではタイヤ交換の知識が必要なくなります。