点火プラグの交換時期の見分け方

| 未分類 |

点火プラグの交換のタイミングはどのように判断したらいいのでしょうか。
プラグの寿命は、車を買った時や乗り始めてからの年数で判断する方もいますが、一般的には走行距離を目安にすると間違いがないと言われています。
普通乗用車と軽四輪車でも変わりますのでご注意ください。距離数でいうと2倍くらいは変わるようです。(車体の個体差はあります)

プラグはあまり着目されない部品ですが、とても重要な役割をしています。
点火と圧縮を繰り返すたびに2万ボルト以上の電圧を受け、エンジンを着火させる、ハードな働きでエンジン始動を支えています。

通常通り点火していればエンジンはすぐかかります。
ところが長い時間使っていると火花を飛ばす部分が丸っぽく劣化してきます。次第にエンジンがかかりにくくなり、走行中にもトラブルを引き起こしたりと、車としての性能が発揮できません。もっとひどくなるとプラグの点火時にでているカーボン(=もえかす)が邪魔をしてエンジンのかかりがさらに悪くなります。
それ以上放置すると、始動できないだけでなく電極が溶けて、車体エンジンにまで損傷をあたえる原因になります。
それらを防ぐためには、まず1回ごとの走行距離をチェックし、車の調子を確認しプラグ点検をしましょう。

車の健康を保つのはドライバーの愛情です。愛車を大切にしましょう。