スペアタイヤとタイヤ交換の仕方とは

| 未分類 |

タイヤ交換をする際はまず、安全で平坦な道に車を止めます。ジャッキをセットし、少しだけジャッキアップします。ホイールカバーを外しナットを緩めます。

再びジャッキアップしてタイヤを外した後、スペアタイヤを正しく装着しナットを少し締めます。その後タイヤを下に降ろし完全にナットを締めて完成です。

手順は簡単で何度もやっていれば直ぐに出来るようになりますが、最近の車はあまりパンクをしないのでパンク交換の現場に遭遇することが少ない為、実際に車がパンクした際には慌ててしまい、スムーズに交換出来ない事の方が多いです。

今は電話一つでロードサービス等に依頼することも出来ますのでそういうサービスを利用するのも一つの方法です。

タイヤを交換した際にスペアのタイヤで走行するのですが、このタイヤはあくまで一時的な物なので、出来るだけ早くパンクしたタイヤを修理し履き替えた方が良いです。

今のタイヤは性能が良くパンクしても気付かずにしばらく走り続けるといった事も起こりえます。その場合、タイヤを修理しただけでは心配なので新しいタイヤに交換した方が良いでしょう。タイヤの溝が無くなり、破裂しやすい状態になっています。

高速などスピードを上げて走行すると危険です。