» 未分類のブログ記事

スペアタイヤとタイヤ交換の仕方とは

| 未分類 |

タイヤ交換をする際はまず、安全で平坦な道に車を止めます。ジャッキをセットし、少しだけジャッキアップします。ホイールカバーを外しナットを緩めます。

再びジャッキアップしてタイヤを外した後、スペアタイヤを正しく装着しナットを少し締めます。その後タイヤを下に降ろし完全にナットを締めて完成です。

手順は簡単で何度もやっていれば直ぐに出来るようになりますが、最近の車はあまりパンクをしないのでパンク交換の現場に遭遇することが少ない為、実際に車がパンクした際には慌ててしまい、スムーズに交換出来ない事の方が多いです。

今は電話一つでロードサービス等に依頼することも出来ますのでそういうサービスを利用するのも一つの方法です。

タイヤを交換した際にスペアのタイヤで走行するのですが、このタイヤはあくまで一時的な物なので、出来るだけ早くパンクしたタイヤを修理し履き替えた方が良いです。

今のタイヤは性能が良くパンクしても気付かずにしばらく走り続けるといった事も起こりえます。その場合、タイヤを修理しただけでは心配なので新しいタイヤに交換した方が良いでしょう。タイヤの溝が無くなり、破裂しやすい状態になっています。

高速などスピードを上げて走行すると危険です。

スペアタイヤレス仕様車について

| 未分類 |

マイカーを運転する時の基本的知識としてタイヤの交換方法があります。

最近のタイヤはパンクがしにくい構造になっていますが、夏の暑い時のドライブなどではパンクの可能性が高くなります。万一の時のために具体的な交換方法を知っておくべきです。

普通は交換用のスペアタイヤが装着されており、それと一緒にホイールナットを緩める工具や車体を持ち上げるジャッキも付属しています。

まずパンクしたタイヤのナットを工具で緩めます。次にジャッキで車体を持ち上げ、パンクしたタイヤを外します。この時の注意点としては、車体にはジャッキを装着するポイントがあるので、そこを支点として持ち上げるということです。

あとはパンクしたタイヤを外し、スペアタイヤを装着して軽くナットを締めてからジャッキを下ろします。そしてナットをきつく締めれば交換の完了です。

これで近場の修理工場かガソリンスタンドへ運び込むことができます。ところが最近では、スペアタイヤレス仕様車というのが発売されています。タイヤ交換自体が減っているので、少しでも車体を軽くするためにスペアタイヤを搭載していないのです。

その代わり万一パンクした場合でも、一定の距離を走れるタイヤを装着しているのです。これからのドライブではタイヤ交換の知識が必要なくなります。

パンクを経験した事のない人は、意外と多いかもしれません。

ですが出先でタイヤがパンクしてしまうと、とても困ってしまいます。そのままの状態で乗り続けるのは大変に危険ですし、自動車が壊れてしまう可能性が有りますから絶対にしてはいけません。そこでそんな時に役に立つのが、スペアタイヤです。

これが有れば素早くタイヤ交換をして普通に走行する事が可能になります。

ですがタイヤ交換をするにはタイヤだけではなく、いくつかの工具が必要になります。

まずは、自動車を持ち上げるためのジャッキが要ります。純正の車載工具として、パンタグラフタイプが載っている事が多いので見たことが有る人も多いでしょう。また油圧タイプなら、楽に車を持ち上げる事が出来ます。次にホイールナットレンチが必要になります。

ホイールナットは固く締めてありますし、固着しているとそう簡単には緩みません。ですから力をしっかりと入れられる物を、用意しておきましょう。

ホイールナット用の、電動インパクトレンチなどもおすすめ出来ます。またホイールナットを規定のトルクで締めることが出来る、トルクレンチも有ります。

またタイヤ交換の練習しておくと、いざという時に落ち着いて行動出来ます。

ホイールカバーを外すコツって?

| 未分類 |

車で走行をしているときにタイヤの不具合を感じるときがあります。

このような場合にはタイヤを交換する必要があります。車の中にはもしもの事があった場合に備えてスペアタイヤが搭載されています。

そのタイヤ交換のやり方と手順に関しては次のようになります。まずは交換をする際に安全な場所であるかということを確認します。

祭り車の通りの多いところではハザードや三角板で異常を知らせるようにします。パ

ンクをしたときのスペアタイヤへの交換に関しては、軍手やジャッキ、ジャッキ用の補助器具やL型ボックスレンチやクロスレンチやタイヤ止めがあるかを確認します。

そしてまずタイヤ止めをセットします。シフトレバーをパーキングにして交換するタイヤの対角にあるタイヤ止めをセットするようにします。ジャッキをセットして少し上げます。

そしてホイールのカバーを外してナットをゆるめます。タイヤとホイールカバーの間にへらのような物を差し込むと外れます。

さらにジャッキアップしてタイヤを外し、スペアタイヤを装着してナットをゆるく締めて、ジャッキを完全に降ろしたところで完全にナットを締めます。ナットを締めるときには対角線上に締めていくようにするのがポイントです。

テンパータイヤについて

| 未分類 |

テンパータイヤとは通常取り付けているタイヤがパンクした時などの緊急時に応急処置的な目的で使用するタイヤの事です。

街このタイヤは通常装備されているタイヤに比べて幅が狭い構造で路面との接地面積が少ないですが、空気圧が高い設定になっています。さらに径が小さく軽量になっています。

このタイプのスペアタイヤは、高速での走行には不向きですので非常事態の使用とされています。通常の装備されているタイヤと比べますと軽量である事、備え付るスペースが少なくなる等のメリットがあります。またパンクした際にタイヤ交換する時の取扱い易さも大きなメリットの一つです。

タイヤ交換の際にはパンクと反対側の車輪に輪止め等をして交換するタイヤを地面と車体の間に入れて、交換する車輪のナットを工具で少しだけ緩めます。

次に指定位置にジャッキをあてがい適切な位置まで車体を持ち上げボルトを外し交換するタイヤと入れ替えて、取り外しとは逆の手順で交換します。

ナットを占める際には対角線の位置にあるナットを締めていき、最後に輪止めを外します。

この様なタイヤ交換作業におきましては、タイヤの重量が大きく作業性に関与する事になります。軽量で扱いやすいタイプのタイヤですが定期的に空気圧の点検を行う事が大事なメンテナンスの一つです。

車がパンクしてしまいどうしようか分からない、なんて事が無いように自動車にスペアを積んでおいて自分で変えることが出来るように交換のやり方を書きたいと思います。

まず交換する前に二次的な事故が起こらないように自動車を安全な場所に移動させてから行なうようにしましょう。その際に平らな場所を選んで移動させます、そしてシフトレバーを必ずパーキングにします。

それから自動車のエンジンを切り、サイドブレーキをかけてから作業をします。次にジャッキアップ用に補強されている部分にジャッキをセットし、地面から離れない程度に軽くジャッキアップします。

次にホイールカバーが装着されている車の場合は、ホイールカバーの間に隙間があるので、マイナスドライバー等で差し込んでカバーをはずしてください。

その後にナットを緩めますが、軽く緩める程度でナットをはずさないようにしてください。そしてジャッキ用の工具を使って地面から完全に離れるまでジャッキアップし、ナットを外してからタイヤを取ります。

そしてスペアを装着し対角線上にナットを軽く締めていき、ジャッキをおろしてナットを完全に締めます。これがスペアを装着する時の手順です。意外と自分で簡単に出来るので一回試しに変えてみてはどうでしょう。

寿命と交換のタイミング

| 未分類 |

花火01自動車は通常、ガソリンに点火して燃焼させることによってエンジンを動かしています。そしてその点火の役割を果たしているのがこの点火プラグ、通称スパークプラグとよばれる部品なのです。点火プラグは消耗品で正常に役割を果たさなければエンジンがかかりにくくなったり、時には走行中のエンジントラブルを引き起こすことになるので注意が必要です。

この点火プラグはその材質、製品によって寿命が異なってきます。一般的な点火プラグの場合だと、普通自動車で1万5千キロから2万キロ、軽自動車では7千キロから1万キロと言われています。白金プラグのように高性能のものであれば10万キロが交換の目安とされています。

もちろん、走行距離だけでなく自動車自体の状態、運転状況によっても多少交換時期は前後するので、定期的な点検でプラグの消耗をチェックすることが大切です。

点火プラグは車検や定期点検でチェックされるので劣化を見逃すことはそうそうありませんが、もしもエンジンの調子が悪いと感じた場合にはこの点火プラグに異常がある可能性もあるので出来るだけ早く整備工場、ディーラーで点検を受けるといいでしょう。

時にはプラグ部分の清掃、調整だけで事足りることもあるのでさほど気を張ることでもありません。

点火プラグの役割って?

| 未分類 |

点火プラグは燃焼ガスで受けた熱で必要以上に温度が上がらないように逃がす必要があります、それらの熱を逃がす役割をしています。その度合いを数字で表した物をプラグの熱価といいます。

花火02プラグの温度が800度を超えると異常燃焼を誘発するおそれがあるので800度を超えないようにプラグの熱価を選択しなければなりません。そのために数段階の熱価が設定されています。

NGKプラグの場合は数字の小さい方が低熱価でプラグの温度が上がりやすいタイプになります。

逆に数字の大きい方が高熱価でプラグの温度が上がりにくいタイプになります。

低熱価プラグは比較的、低出力のエンジンに使用されます。低出力エンジンはプラグへの熱負荷が少ないためにプラグの温度が上がりにくいので低熱価プラグを使用します。高熱価プラグは高出力エンジンに使用されます。

高出力エンジンはプラグへの熱負荷が大きいためプラグの温度が上がりやすいので高熱価のプラグを使用します。標準のプラグより熱価の高いプラグを使用するとプラグの温度が低くなりすぎて、発火部にカーボンが付着して電気が逃げて火花が飛ばなくなります。

逆に標準のプラグより熱価の低いプラグを使用するとプラグの温度が800度以上に上がりすぎてプラグの電極が溶解したりエンジンにダメージを与えますので必ずエンジンに合ったプラグ熱価を使用することが大切になります。

点火プラグの交換時期の見分け方

| 未分類 |

点火プラグの交換のタイミングはどのように判断したらいいのでしょうか。
プラグの寿命は、車を買った時や乗り始めてからの年数で判断する方もいますが、一般的には走行距離を目安にすると間違いがないと言われています。
普通乗用車と軽四輪車でも変わりますのでご注意ください。距離数でいうと2倍くらいは変わるようです。(車体の個体差はあります)

プラグはあまり着目されない部品ですが、とても重要な役割をしています。
点火と圧縮を繰り返すたびに2万ボルト以上の電圧を受け、エンジンを着火させる、ハードな働きでエンジン始動を支えています。

通常通り点火していればエンジンはすぐかかります。
ところが長い時間使っていると火花を飛ばす部分が丸っぽく劣化してきます。次第にエンジンがかかりにくくなり、走行中にもトラブルを引き起こしたりと、車としての性能が発揮できません。もっとひどくなるとプラグの点火時にでているカーボン(=もえかす)が邪魔をしてエンジンのかかりがさらに悪くなります。
それ以上放置すると、始動できないだけでなく電極が溶けて、車体エンジンにまで損傷をあたえる原因になります。
それらを防ぐためには、まず1回ごとの走行距離をチェックし、車の調子を確認しプラグ点検をしましょう。

車の健康を保つのはドライバーの愛情です。愛車を大切にしましょう。